不動産取引の専門家となれる宅建士

不動産にかかわることができる資格といえば、宅建士です。
宅建士は国家資格の1つであり、受験資格がないので誰でも受けることが可能となっています。
未成年でも受験することができます。
現在の最年少合格年齢では、12歳の男の子が宅建の資格取得に成功しています。
しかし未成年の場合は宅建の試験に合格しても、成人の年齢に達するまで宅建士として働くことはできません。
成人になるまでのものとして、宅建の資格を保有することができるということです。
土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどを行うのが宅建士の仕事であり、最近その資格を取ろうという人も増えています。
不動産取引の専門家といえる職となり、その資格を取得するため専門学校に通って勉強する人もいれば通信講座を利用して独学で勉強する人もいます。
今就いている職から宅建士に転職しようと、資格取得を目指そうとする人もいます。
簡単に取れる資格ではないかもしれませんが。
取得することができれば独立もできるものとなります。

最新記事